本文へスキップ

FUN!LONDON.netは、ロンドン観光スポットガイドです。

電話でのお問い合わせはTEL.

レ・ミゼラブル
Queen's Theatre
Les Miserables

『レ・ミゼラブル』ロンドン公演 2016年キャスト鑑賞レポート

31周年アニバーサリーで盛り上がるロンドン
2016年のキャストと劇場をレポートします!




®rables.

2010年10月にはO2でのアニヴァーサリー・コンサート、2011年初夏に大規模なパレス劇場から、現在のクィーンズ劇場へ引っ越しをし、期間限定でジャン・バルジャン役にアルフィー・ボウ、アンジョルラス役にラミン・カリムルー(いずれもコンサート・キャスト)を迎えた25周年記念は、チケット入手が大変困難な年でした。翌年にはヒュー・ジャックマン主演の映画公開により、観客層が拡大。レミゼ熱狂の再来を感じた数年であったように思います。今年は1985年の初公演から31周年に突入し、アニバーサリーで盛り上がるロンドンで、現在のキャストでの公演を楽しむため、久々に劇場へ足を運びました。


19時を過ぎると観客でごった返すクイーンズ劇場

現在のキャストについて紹介すると、2014年6月からジャン・バルジャン役を務めるのはPeter Lockyer。ブロードウェイ10周年でマリウス、25周年の北アメリカツアーで主役を演じ、今回はじめてウェスト・エンドに本格的挑戦。眉目秀麗で、聡明さを感じる優美な歌声は素晴らしいものでした。一方でジャン・バルジャンの心に潜む光と影、生命力のようなものをもう少し感じられたら良かったというのが素直な感想。


®Les Miserables Peter Lockyer by Johan Perrson


Peter Lockyerのインタビュー

ジャベール役には、ロンドンのスウィーニー・トッドで主演を務めたJeremy Secomb。登場回数が少ないため、存在感が非常に重要な役柄と言われますが、カーテンコールでの観客からの拍手で、その人気の高さを感じました。


®Les Miserables ジャベール役 Jeremy Secomb

また、女性の役柄では、Eva Noblezada演じるエポニーヌが、ひと際存在感大きく、ON MY OWNで、叶わぬ恋の絶望の中、愛と誇りを盾に愛する人を守り、この世を去るシーンを見事に演じています。

アンジョルラス役のChris Cowleyは、若さゆえの危うさ、頼もしさと力強さをみなぎらせた演技で魅了。

また、現在のキャストの中で、最も強烈な印象を受けたのは、David Langhamのテナルディエ。ユゴーの小説で描かれた通りの下品さを放ち、戦場で染みついたあこぎな性格と不気味さを持ちながらも、憎めないおどけた演技で、すっかり目が離せない存在に。Master Of The Houseの場面では最高の盛り上がりをみせました。


@Les Miserables テナルディエMaster Of The Houseは、最高の盛り上がりに。

主演のLockyerが、ブロードウェイの観客と比較し、ウェスト・エンドの観客を「静寂を保ち、真剣に鑑賞している雰囲気が、役者の素晴らしい演技を導く」と言っていますが、ロングランになり、観客の層も随分変わってきたと感じます。たとえば、カーテンコールの後の雰囲気がなぜか明るいこと。昔は、劇中にもっとすすり泣きが聞こえ、退場時には感嘆の声が飛び交っていたように思います。なお、チケットについては、随分取りやすくなってきたものの、当日になると見渡す限り満席。

ロンドンのミュージカルでロングランの公演は、レミゼ31年、オペラ座の怪人30年、マンマ・ミーア17年(2016年11月現在)。いつまでも、これらの公演が、新しい観客とリピーターによって支えられ、さらに完成度を増して継続されていくことを祈ってやみません。

もし、ロンドンでの演目を迷っているなら、レ・ミゼラブルはいかがでしょうか。何度観ても素晴らしく、オリジナルならではの感動を味わうチャンスかもしれません。

上演日と上演時間

<上演日>
月火木金 19:30-
水土 14:30-/19:30-
※12月25日は休演。
年末年始など、スケジュールが通常と異なります。

<上演時間>
約2時間50分(途中休憩15分を含む)

<備考>
お子様を膝に抱いてのご鑑賞は禁止されております。

座席表と人気の高い席

『レ・ミゼラブル』は、感情表現豊かな作品であるため、役者の表情まで鑑賞できるストールズまたはドレスサークルのお席がおすすめです。座席表ページでは、クィーンズ劇場のおすすめの座席番号や、コストパフォーマンスの高いお席を紹介しています。レ・ミゼラブルの座席表ページをご参照ください。

レ・ミゼラブルの座席表


チケットのオンライン予約

レ・ミゼラブルのチケットは、当サイトから簡単にご予約頂けます。

当サイトと提携するLONDON THEATRE DIRECT(LTD)は、STAR加盟の信頼された大手オフィシャルチケットエージェント。座席表を見ながら、お好きなお席をご予約頂けます。当サイトは、コンシェルジュ・パートナーですので、お客様の方で決済のエラーが生じる場合、サポートできる場合がございます。オンライン手順からお気軽にお問合せください。

レ・ミゼラブル オンライン予約

LTDオンライン予約の手順

LTD予約に関するお問合せフォーム


ENCORE TICKETSやDiscount Theatreも、ロンドンSTAR加盟のオフィシャルチケットエージェントです。レストランでのランチやディナーがパックとなるお得なチケットも多数ご用意しています。チケットのお受取りをPOSTAGEのままご予約ください。自動的に、劇場でのお受け取りに切り替わります。

お席多数!ENOCORE TICKETS レミゼラブル予約


Discount Theatreから予約

DT オンライン予約の手順


クイーンズ劇場へのアクセス

<レ・ミゼラブル 劇場の住所および場所>

Queen's Theatre(ハー・マジェスティーズ・シアター)
Shaftsbury Avenue, London,
W1D 6BA

<劇場までのアクセス>

ピカデリー・サーカス(Piccadilly Circus)駅より徒歩約2分。Regent Streetを左手に、ピカデリー・サーカス駅目の前のエロスの像を背にし、前方Shaftsbury Avenueを120m進みます。右手にチャイナ・タウンが見えてくるのが目印に。

ストリート名がわかりやすいAtoZ地図はこちら

Googleアクセスマップはこちら

※GoogleMAP記載の周辺のお店は変わっていますので、ご注意ください。


チケット受け取り方法

オンライン予約で、ご予約完了画面、またはご予約後に届くメール(Order ConfirmationまたはDiscount Theatre Booking Referenceと記載されています)をご印刷の上、劇場BOX OFFICEへご提出ください。

印刷の代わりに、スマートフォンなどの画面をお見せ頂くこともできます。
スマートフォンの電源が切れる場合に備え、①予約したサイト名(例:London Theatre Direct)と②確認番号、③お名前、④ご住所は、紙のメモにひかえておくとご便利です。万が一の時には、メモを窓口にご提示頂けば、チケットをお受取り頂けます。

チケット引き換え際に、ご本人様確認のため、「お支払い頂いたクレジット・カード」の提示を求められる場合がございますので、必ずお持ちください。

チケットのお受取りは、公演当日2時間ほど前からお受け取り頂くことができます。ただし、引換えされたチケットをご紛失されますと、ご入場できなくなりますので、ご注意ください。

セキュリティチェックなどもありますので、お早目のご入場をお勧めいたします。公演開始後は、チケットのお受取りができなくなる上、途中休憩までご入場できなくなる場合がございますので、ご注意ください。(劇場内のTV画面で鑑賞できるところもあります)

レ・ミゼラブルの劇場近くのレストランはこちら

お客様から寄せられた「レ・ミゼラブル鑑賞のご感想」

レ・ミゼラブル オンライン予約

オンライン予約のカンタン手順



shop info店舗情報

FUN!LONDON.net

〒107-0062
港区南青山2-11-13南青山ビル4F
.
9/14-24は臨時休業させて頂きます。
Advertisement Information.