本文へスキップ

FUN!LONDON.netは、ロンドン観光スポットガイドです。

電話でのお問い合わせはTEL.

オイスター・カードについてOYSTER CARD

ロンドンの交通カード、オイスター・カードの使い方

VISITOR OYSTER CARDとは?

ビジター・オイスター・カードは、日本でいうスイカやパスモなどの交通機関の共通カード(電子マネー・カード)です。ロンドン内のバス、地下鉄、トラム、DLR、ロンドン・オーバーグラウンド、TFLレイル、大半のナショナル・レイルで使用できます。



ビジター・オイスター・カードにチャージすれば、切符を買わずに、どれだけ沢山乗車しても、一日の上限金額以上は交通費がかからないお得サービスです。

オイスター・カードの利用イメージを動画で見てみましょう。




Visitor Oyster cardの利便性

◆時間の効率化
旅行前にネットで購入して、郵送で受け取ることが可能です。空港から地下鉄やバスを使う場合は、到着後すぐに使えるので便利です。

◆お得感
ロンドンの地下鉄は、片道£4からととても高額ですが、オイスター・カードであれば、一番安い料金が自動的に適用されてお得な料金で乗車できます。
また、オイスター・カードを使用する人には、一日の乗車料金の上限が定められているので、乗れば乗るほどお得になる仕組みになっています。

たとえば、ゾーン1とゾーン2内を午前4時半から翌日4時29分まで乗り放題で使った場合、オイスター・カードから差し引かれるのは、たったの£6.40のみ。
普通のゾーン1,2内で使えるトラベルカードの料金£12と比べると半額近くお得になります。
ビジター・オイスター・カードを持っていると、特別な割引や特典が使えるお店などもあり、さらにお得に。

Visitor Oyster cardの使い方

<ロンドン市内の地下鉄、DLR、London Overground, TFL Rail and most National Rai>l
乗車する場合、改札機の黄色いリーダーにタッチさせるだけ。日本の交通カードと同じです。

降りる時も、同じように改札機の黄色いリーダーにカードをかざすだけ。

リーダーにきちんとタッチしなかった場合、ペナルティーとして、最大の料金が課されますので、きちんとタッチする必要があります。


黄色の部分にカードをかざします。

<バスとトラム>
乗車時に、ビジター・オイスター・カードを黄色のリーダーにかざします。降りる時にはかざす必要はありませんし、かざすとペナルティー料金が発生します。

<Thames Clippers River Bus services

乗車時と降車時にスタッフに声をかけ、黄色いカードリーダーにかざします。カードへのチャージの残高不足の場合は、一日の上限設定料金が適用されませんので、注意が必要です。

Visitor Oyster cardの料金について

ビジター・オイスター・カードの発行料は£3(郵送の場合は、別途送料)で、チャージされた金額を選ぶことができます。
£10, £15, £20, £25, £30, £35, £40, £50.

チャージされた電子マネーに有効期限はありません。チャージ金額がなくなれば、再度チャージすればいつまででも使用することができます。

チャージする金額金額の目安

交通局のガイダンスでは、チャージの目安として、ロンドンへ2日間滞在する場合は£15を、4日間の滞在なら£30としています。

Pay as you go(使った分だけ支払う)の料金

<Tube, DLR, London Overground and TfL Rail services>

料金はウェブサイトで調べることができます。こちら

片道の通常料金はこちらで、駅名入力で調べられます

<Bus and tram services>

バスとトラムは、片道(1回乗車)につき、通常は£1.50。一日乗り放題では、£4.40。なお、バスでは、現金で支払いができませんので、要注意です。

<Thames Clippers river bus services/Emirates Air Line cable car>

リバー・バスでは、ビジター・オイスター・カードを使用すれば、片道10%オフとなります(RB6ルートを除く)。

リバーバスについての詳しい説明はこちら

また、Emirates Air Line cable carをビジター・オイスター・カードで支払う場合、通常の片道切符より26%オフとなります。

エミレーツ・エアー・ライン・ケーブルカーの詳しい説明はこちら

オイスター・カードへのチャージの方法

もし、使用中にビジター・オイスター・カードの残高がなくなってしまった場合、チャージするには、主に駅のオイスター・チャージの機械で簡単に行うことができます。また、チャージのことをイギリスでは、TOP UPといい、現地でも覚えておくと、機械操作の時にご便利です。

<オイスター・カードをチャージできる場所>
1. Tube, DLR, London Overground, TfL Rail and most National Rail stations
2. 4,000以上のロンドン市内のショップ 詳しくはこちら
3. Visitor Centres

使わなくなったVisitor Oyster cardは?

オイスター・カードには有効期限がありません。そのため、次回のロンドン訪問にも使えますし、友人や家族などに貸与することも可能です。また、最初の発行手数料£3は返金されませんので、ご注意ください。

チャージしている電子マネーの返金制度

残高が£10以下の場合は、駅の券売機で返金手続きが可能です。それ以外の場合は、駅の窓口、やビジター・センターで返金手続きをすることもできます。また、交通局へ郵送で送り返すことも可能です。

ビジター・センターで手続きをする場合は、デビットまたはクレジットカード、現金での返金となります。また、カード自体は、将来のために返還されますので、将来使う場合には£3支払うことなく、そのカードにチャージをし、使用することが可能です。

郵送にて返金を請求する場合は、ポンド建ての小切手のみ対応可能です。
請求先はこちら(最新の情報は、交通局公式サイトでご確認ください)

TfL Customer Services
14 Pier Walk
4th Floor
London SE10 0ES

子供料金と家族連れの料金

11歳以下はバスとトラムは無料です。また、11歳以下で、大人と同伴の場合に限り、Tube, DLR, London Overground, TfL Rail and some National Rail servicesが無料となります。(その場合、大人1人に対して、子供4人まで)

11から15歳の子供連れの場合は、14日間まで大人料金の半額で利用できるYoung Visitor Discountを受けることができますので、各駅やビジター・センターまで。または、オンラインでChild Travelcardを購入することも可能です。年齢確認のIDは必要ありません。詳しくはこちら

Special offers and discounts特典と割引

VISITOR OYSTER CARDを購入すると様々なショップやレストランの特典を受けることができます。詳細はこちら


Visitor Oyster cardはどこで買えるの?

VISITOR OYSTER CARDは、旅行者向けのサービスのため、ロンドンでは販売されていません。交通局のウェブサイトで、クレジットカードにて購入することが可能です。また、オイスター・カードは、自宅まで郵送されます。

旅行まで時間がない場合は、日本の英国政府観光局の公式サイト(日本語)などで購入が可能です。


(参考:ロンドン交通局Transport for London, https://tfl.gov.uk/)


shop info店舗情報

FUN!LONDON.net

〒107-0062
港区南青山2-11-13南青山ビル4F
.
Advertisement Information.