本文へスキップ

FUN!LONDON.netは、ロンドン観光スポットガイドです。

電話でのお問い合わせはTEL.

ロンドンからの個人手配旅行JOURNEY From London

ロンドンから列車で行く湖水地方 Lake District

映画「ミス・ポター」の公開後、さらに人気が高まった湖水地方。多くの芸術家たちの創作活動に影響を与えた神秘的な自然美に満ちたこの地は、一週間もその身を置けば、人生観が変わるといわれるほど。空を見上げれば、イギリスを象徴するグレーの雲と太陽の光が絡んでできる美しいコントラスト、大地へ目をやれば、風景に溶け込んだ石造りの家々や石垣が長く続き、自然と共存してきた人々へ尊敬の念を感じずにはいられません。ピーター・ラビットの作者ビアトリクス・ポターがこの自然美を残すために行ってきた環境保護活動は、人々の共感を現代にまで引き継いでいます。

交通が不便な湖水地方の観光は、ツアーに参加するのが便利で効率的。ただ、ゆっくりと時を刻むこの地方では、タイムスケジュールから解放され、大自然をのんびり優雅に楽しまなければ堪能はできないはず。そこで今回は、女性一人でもふらりと出かけられるような2日間の湖水地方巡りを紹介します。




【ロンドンから湖水地方までの行き方】

「ロンドン・ユーストン London Euston」から途中「オクセンホルム Oxenholm Lake District」で乗り換え「ウィンダミア Windermere」まで。ヴァージン・トレインで所要時間は約3時間40分。2等車の広さは新幹線ほど。リクライニングはなく、ソファーが少し固めなので4-5時間程度の移動が限度かもしれません。スーツケースを置くスペースは少なく、混雑してくると相席になるので身軽でないと大変なことも。

■時刻表の検索 ナショナル・レイルのオフィシャルサイト

■ブリットレイルパス 
湖水地方だけではなく、その他遠方まで旅行を計画している場合には、リーズナブルな「ブリットレイルパス」を日本で購入するとお得。このパスを購入すれば、期間中乗り放題だから自由気ままに行きたい場所へ行くことができます。旅行代理店や観光局で購入することが可能です。

イギリス全土で乗り放題切符ブリットレイル

ブリットレイルとは?



大人が楽しめるピーター・ラビット所縁の観光名所

木々のアーチをくぐり抜け、たどり着いた先は絶景
ポターが守り続ける自然はイギリス童話の世界


ターン・ハウズ Tarn Hows

ビアトリクス・ポターが1929年に購入し、コニストンの絶景を望むことができる一帯。現在は、ナショナル・トラストが所有し、散策コースもあり、少し歩くと素敵な石造りの家や森林の美しさを楽しむことができます。交通は不便な場所にありますが、木々のアーチをくぐり抜けるように車で走る田舎道は、まるでイギリス童話の世界のよう。少し大変な思いをしても行く価値ありです。(写真左は秋)

 ナショナル・トラスト公式サイト ターン・ハウズ紹介

【行き方】
車またはタクシー ウィンダミア駅からタクシーで約30分



19世紀の芸術家「ジョン・ラスキン」の過ごした湖畔
ヴィクトリア朝の蒸気船で優雅に走る

コニストン湖とゴンドラ遊覧 Gomdola


19世紀ヴィクトリア時代に活躍した芸術家評論家ジョン・ラスキンの過ごした「ブラントウッド」があるコニストン湖。力強い存在感を持つ山々に囲まれたこの湖には、ヴィクトリア朝の蒸気船をモデルに作られた1859年製のゴンドラが水辺を走ります。ゴンドラはナショナル・トラストが運行管理しており、ラスキンの邸宅を経由し、30分程度遊覧。汽笛と蒸気が、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

【ゴンドラ】
4月-10月運行。天候により運休も。チケットは乗船後購入可。クレジットカードは使用できるが、電波の都合上使用できないこともあるので、現金を用意するのが無難。



【ジョン・ラスキン邸】
住所: The Brantwood Trust, Coniston, Cumbria, LA21 8AD
電話: 015394 41396
入場: 大人£5.95, 子供(5-15歳)£1.20
開館時間: 11/19-3/9 水-日 11am-4:30pm, 月-火 閉館, 3/10-11月中旬 11am-5:30pm, クリスマスおよび祝日は閉館

ジョン・ラスキン・トラストのオフィシャルサイト


【行き方】
■バス コニストン湖「クラウンホテル」の前までバスあり。本数は少ないので、ホテルで確認を。ウィンダミア Windermereまたはアンブルサイト Amblesideから505番のバスなど。
Stagecoach 505(Kendal)Ambleside - Hawkshead - Coniston 
ステージコーチ・バスのオフィシャルサイト

Coniston Crown – Low Wood Hotel 約45分

■タクシー ウィンダミア駅から約55分

■最寄り駅 Windermere Station、Ulverston Station 



あひるのジマイマやこねこのトムが生まれた農場
ポターの愛しい仲間達が顔を出しそう

ヒルトップ Hill Top


ビアトリクス・ポターが暮らした農場。1905年、ポターは婚約者ノーマンの突然の死によって、湖水地方に移り住むことを決め、ニア・ソーリー村にあったこの農場を購入した。苦しみを乗り越えながら、ここで「あひるのジマイマ」「こねこのトムのおはなし」などを描いたと言われています。17世紀に建てられたコテージの中の家具や調度品は、彼女が使用していた時からそのまま。ポターの想像力を感じながら、穏やかに流れる時を楽しめる場所です。

住所: Near Sawrey, Hawkshead, Ambleside, Cumbria, LA22 0LF
電話: 01539-43-6269
入場: 事前予約は不可。チケットオフィスにて時間制のチケットを現地にて購入。大人数の場合は、グループ予約を。
大人£5.40, 子供£2.70, 家族£13.50.
開館時間: 3-10月開館。11/14-12/23 水-日曜日の10am-4pm ショップのみオープン。  

ナショナル・トラスト ヒルトップ紹介

【行き方】バス505 またはウィンダミア湖からフェリー。
ボウネスPier3よりミニシャトルにてフェリー乗り場まで。ミニバスに乗り換え「ヒルトップ」へ。10時~16時まで1時間に1-2本運行。11月-4月半ばは運休。 ナショナル・トラスト ヒル・トップへの行き方紹介



膨大なオリジナル・スケッチを見ることができる
大ファンにはたまらないビアトリクス・ポターの展示館

ビアトリクス・ポター・ギャラリー Beatrix Potter Gallery


ポターの夫であり弁護士であるウィリアム・ヒーリスの事務所を当時のまま保存し、ビアトリクスの数々のオリジナル・スケッチを公開する展示館。ポターの土地購入に全面的に協力したウィリアムとビアトリクスの自然保護活動の当時の様子を伺うことができます。 

住所: Main Street, Hawkshead, Cumbria LA22 0NS
電話: 015394 36355
入場: £3.80, child £1.90, family £9.50.
開館時間: 3-10月開館。11/14-12/23 水-日曜日の10am-4pm ショップのみオープン。

ナショナル・トラスト ビアトリクス・ポター・ギャラリー紹介

【行き方】バス505またはウィンダミア湖からフェリー、その後ミニバスに乗り換えて「ビアトリクス・ポター・ギャラリー」へ。 ナショナル・トラスト 

ビアトリクス・ポター・ギャラリー行き方への紹介

「ミス・ポター」を巡る湖水地方の旅 オフィシャルサイトへ



長期の滞在にも退屈させない刺激とファシリティ
新旧が重なり合う大人のためのホテル

ホテル「ロー・ウッド・ホテル」 Low Wood


ウィンダミア湖を目の前に見渡せるこのロー・ウッドは、外観からは想像できないほどのモダンで、それでいて尖ったところがない湖水地方ならではホテルです。通常連泊客しか受け付けないホテルが多い中、ここは1泊£70から受け付けてくれるのも嬉しいサービス。チャールズ皇太子も訪れたこともあるそうで、サービス精神はカントリーサイドにありながらしっかりと確立されています。スクアッシュ・コートやサウナ、露天風呂などのレジャー設備があり、部屋によってはパソコンが設置されていて、長期間の滞在にも退屈させません。部屋はシンプルな部屋から、ワンランク上の快適さを求めた部屋などがあり、どれも十分な広さでくつろげます。廊下や広いラウンジには古典的テーマのコンテンポラリーな絵画が飾られ、新旧が重なり合うお洒落な空間。ラグジュアリーなソファに腰掛けて、湖を一望するのはとても贅沢な気分です。



レストラン「ウィンダミア・レストラン」 Windermere Restaurant
華やかなパープルの電飾とモダンなシャンデリア、中世のモザイク調肖像画をコンテンポラリーに配色した絵画で飾られる店内は、長く滞在するゲストに少しでも刺激を与えてくれる雰囲気。湖水地方に来ても、早寝早起きの禁欲的な生活ではなく、とことん楽しみたいという大人のためのホテルといったところ。

ディナーは観光地にありながら納得のコスト・パフォーマンス。前菜は£5.00~、メインは£9.95~。この日の前菜は、「アーティーチョークのマリネとイチジクのサラダ(£5.25)」。酸味の強くない歯ごたえのよいアーティーチョークを皮付きの柔らかなイチジクと頂くもの。日本のイチジクと異なり皮がその存在を全く感じさせず、フランボアーズのソースで引き締まります。メインは「骨付きラムの蒸し焼きとクリームポテト(£14.95)」。付け合せの季節野菜はたっぷりで、新鮮な地元のものを使用。ラム肉は、あまり個性的な香りが強く出すぎず、本来の甘さやうまみがよく引き出されています。

湖水地方にありながら刺激を与えてくれるダイニング地元の野菜をふんだんに使用したサラダレストランからはウィンダミア湖が望める

イギリス湖水地方の老舗ホテルグループ イングリッシュ・レイク・ホテルズ
LOW WOOD HOTEL ローウッド・ホテルの予約はこちらから

ローウッド・ホテル Low Wood Hotel
住所: Low Wood Hotel, Windermere, Cumbria, England, LA23 1LP
電話:015394-33338
最寄り駅: Windermere Station
【行き方】ウィンダミア駅(Windermere Station)よりタクシーで10分。

湖水地方へは、イギリス全土で列車乗り放題「ブリットレイル」も使えます

ブリットレイルの詳しい内容はこちらへ

ロンドンからの旅行リストへ

shop info店舗情報

FUN!LONDON.net

〒107-0062
港区南青山2-11-13南青山ビル4F
.
Advertisement Information.