本文へスキップ

FUN!LONDON.netは、ロンドン観光スポットガイドです。

電話でのお問い合わせはTEL.

ロンドンから個人手配旅行JORNEY FROM LONDON

ロンドンから列車で行くコッツォルズの旅 Cotswolds

石造りの家々が並ぶ町並みや自然美を放つ村が点在するコッツウォルズ。多くのイギリス人芸術家たちを魅了し移住させた地でもあります。ここでの楽しみは、町を歩いて巡り、イギリスらしい雑貨やティー用品を見て回ったり、イングリッシュ・ガーデンを鑑賞したり・・・。

時が止まったかのようなこの地では、時間を気にせず、1泊2日以上で美しい風景を堪能するのが大人流。ドライブまたはフットパスを歩いて回るのが効率的ですが、今回はタクシー&バスで身軽に動きたい人のためのアクセス情報を紹介します。

ロンドンからコッツウォルズ地方までの行き方


「ロンドン・パディントン London Paddington」駅から「モートン・イン・マーシュ Moreton-in-Marsh」駅まで(往復£30)。所要時間は約1時間30-40分。モートン・イン・マーシュからコッツウォルズの主要の街まではタクシーまたはバス。

■時刻表の検索 ナショナル・レイルのオフィシャルサイト

■ブリットレイルパス 
湖水地方だけではなく、その他遠方まで旅行を計画している場合には、リーズナブルな「ブリットレイルパス」を日本で購入するとお得。このパスを購入すれば、期間中乗り放題で自由気ままに行きたい場所へ行くことができます。旅行代理店や観光局で購入することが可能です。ブリットレイルパスの詳細ページはこちら

■今回のコッツウォルズ巡りのルート(参考)
① モートン・イン・マーシュからロイヤリスト・ホテル(ストウ・オン・ザ・ウォルド)までタクシーで移動
② ロイヤリスト・ホテルからチッピング・カムデンまでタクシーで移動
③ チッピング・カムデンからブロードウェイまでタクシーで移動
④ ブロードウェイからストウ・オン・ザ・ウォルドまでタクシーで移動
コッツウォルズ地方の観光サイト(日本語)

※バスは本数が限られているので、基本的にはタクシーでの移動がお勧め。タクシーはそれぞれのエリアの観光インフォメーションから即時予約可能です。

バスの時刻表

チッピング・カムデン Chipping Campden


街に入ると、どこまでも続くハニー・カラーの素朴な石造りの家々が立ち並び、彩るのイングリッシュ・ガーデンが美しい景観を織り成します。中世に羊毛の商業地として栄えたこの街の中心地には、その繁栄のなごりを思い起こす「マーケット・ホール」が佇み、チッピング・カムデンのシンボルとして趣を持ちます。この街を楽しむ方法は、時間を忘れ、どこともなく散策し、ティータイムを過ごしたり、教会に足を踏み入れ歴史に耳を傾けることではないでしょうか。(左:セントジェームズ教会 右:中世から現在まで使用されているマーケット・ホール)

セントジェームズ教会 St. James's Church


15世紀に古い教会の跡地に再建された教会。8つの鐘を持つ36.6メートルの高い塔を街のどこからでも見つけることができ、チッピング・カムデンのランドマークとして地元の人々に親しまれています。教会の南側には、いくつもの年代を越えてきたとみられる立派な門がありますが、これは17世紀初期にサー・パブティスト・ヒックスのために建てられた「キャムデン・ハウス」という館の門を残したもの。館は清教徒革命の際、王党派軍に使われ、議会派に奪われるのを恐れて焼かれたという歴史を持ちます。現在、館があった場所は、草が生い茂り、飼われる羊達によって穏やかな雰囲気を放ちます。

教会の敷地内に足を踏み入れると、菩提樹の並木道が続きますが、これは1770年に十二使徒を称えて両側に6本ずつ植えられたもの。時を経て木々がユニークな姿を形成し、力強く教会を守るその様子に生の魂を感じてしまうほどです。

教会の入り口外側にある古い扉がありますが、それは13世紀に作られたもの。教会の南側廊の聖水廃棄盤と壁の一部も13世紀からのものが使用されています。

(行き方)観光案内所を出て右手に450mほど進んだ右手。

エイト・ベルズ Eight Bells -pub-(パブ)


ホスピタリティーも手厚く、ボリューム満点
地元の人々が昼夜と集う17世紀から続く民宿パブ


B&Bも経営する地元の人がこよなく愛する美味しいパブ。エイト・ベルという名前は、すぐ裏手にある「セント・ジェームズ教会」の八つの鐘にちなんだもの。質素な石の壁に、木枠の窓という古い建物で、少し寒い季節には暖炉に火が赤々と燃えるのは、英国的趣を感じさせます。スタッフはとても気さくで、パブというよりちょっとしたレストランというくらい温かなホスピタリティーで歓迎。

昼の人気メニューは、気軽に取れるサンドウィッチ。「自家製スモークサーモン・サンドウィッチ」は香ばしい薫り高いクックド・サーモンをハーブ入りのマヨネーズソースと。また「ポークとりんごのコンポートのピリカラ風サンドウィッチ(写真)」は脂質の少なくクセのないポークのローストとりんごの甘みがマッチしています。どちらのサンドも食物繊維の多い「黒けしの実」入のバンズで、シャキシャキな食感が嬉しい地元の野菜と一緒にサンド。付け合せには、サラダまたはチップス(ポテトフライ)がボリュームたっぷり。

住所: Church Street, Chipping Campden, Gloucester Shire, GK55 6JG
アクセスマップ
電話: 44(0)1386-840-371
http://www.eightbellsinn.co.uk/
(行き方)観光案内所を出て右手に300mほど進んだ左手。
(備考)B&Bの宿泊施設は、スタンダードダブル£95 スモールダブル£85で税込みの朝食付き。

プティ・クロワッサン Le Petit Croissant(ベーカリー&カフェ)


デリ・デニッシュやデコレーション・ショートブレッドで彩る
地元密着のハート・ウォーミングなベイカリー&カフェ


ホームメイドのクロワッサンやデリ・デニッシュ、スイーツ、ワインを扱う店。こだわりのある地元密着の店で、この地に長い女性の元レストランシェフが温かく迎えてくれます。ユニークな動物や華やかな蝶のデコレーションが施されたショート・ブレッド(£1.10)は、崩さず持って帰ることができたらお土産に喜ばれそう。バターたっぷり、甘さ控えめのさっくり粉の食感を楽しめるイギリスならではものです。カフェ・スペースでは、店頭の商品をお茶やワイン、温かなスープとともに楽しむことができます。

住所: Lower High Street, Chipping Campden, Gloucester Shire, GK55 6AL
アクセスマップ
電話: 44(0)1386-841-861
(行き方)観光案内所を出て右手に50m進んだ右手。

バンタム・ティー・ルームズ THE BANTAM TEA ROOMS


カントリーサイドのイギリスを堪能できる
伝統的イングリッシュ・ティー・ルーム


ホテルのB&Bも経営する伝統的イングリッシュ・ティー・ルーム。歳月を重ねた「マーケット・ホール」の目の前にあり、店頭に並ぶスイーツに目を奪われ思わず入店してしまうお店。ブラウニー、フルーツケーキなど、ショー・ウィンドーには、美味しそうな焼き菓子が並びます。中でもメレンゲ(テイクアウト£0.95)は人気のスイーツ。男性の拳ほどの大きさで、新鮮な卵白を使っているので素材そのものの甘さと風味が柔らかで、幸せな気分にしてくれます。
アフタヌーン・ティーは、クロテッド・クリームとジャムで頂く自家製スコーン1つと、ケーキと紅茶がセットになって£6.55。スコーン(£0.90)やウォーム・チーズ・スコーン(£1.30)を単品で注文することもできます。ランチ時には、観光客や地元の年配の人々で賑わいます。日替わりランチや、ブロッコリとポテトのクリームチーズ・ベイク(£7.45)など、地元の素材を使ったカントリーサイド風の料理を楽しむこともできます。

住所: High Street, Chipping Campden, Gloucester Shire, GK55 6HB
アクセスマップ
電話: 44(0)1386-840-386
http://www.bantamtea-rooms.co.uk/
(備考)B&Bの宿泊施設は3/1-10/31のシーズン中は、ラージツイン£80 シングル£55で税込みの朝食付き。
月-日 10am-5pm ランチはnoon-3pm
(行き方)マーケット・ホール目の前(観光案内所側)




【チッピング・カムデンへの行き方】

(タクシーの目安)
モートン・イン・マーシュ駅から約15分(£25前後)
ストウ・オン・ザ・ウォルドから約15分(£25前後)
◆メータータクシー STOW ON THE WOLD TAXI SERVICE
http://www.stow-on-the-wold-taxi-service.co.uk
07887-714047(TONY KNIGHT)
◆コッツウォルズ地方カウンシルのタクシー業者リスト 
http://www.cotswold.gov.uk/getting-around/taxis/

(バス)
21番または22番 モートン・イン・マーシュ駅とチッピング・カムデン・ハイストリートNoel Arms(ホテル)間を25分。バスは1時間~2時間間隔で1本。
コッツウォルズ バス時刻表

【観光案内所】
The Old Police Station, High Street
目印は、Noel Arms Hotel


ブロードウェイ Broadway


19世紀アーツ・アンド・クラフト運動の活動拠点となった地
ウィリアム・モリスの

1600年頃ロンドンとウースターとの間を走る馬車の宿場町として重要な存在となり栄えたヴィレッジ。産業革命後、列車の発達とともに閑散とした街に変わりつつあったこの街が再び脚光を浴びるようになったのは、19世紀後半の著名な芸術家や作家等が村の景観を愛し、この地に集まるようになったことから。やがては、アーツ・アンド・クラフト運動の中心地とまでなり、詩人でインテリア用品のデザイナーでもあった「ウィリアム・モリス」の活動拠点となった芸術的な地としても有名です。
これといった観光スポットはありませんが、タワーに登ったり、散策したり、Lygon Armsホテルでアフタヌーンティーを楽しんだり、マナーハウスのガーデン鑑賞(近日紹介予定)をしたりと、ゆっくり過ごしてみてはいかがでしょうか。

ブロードウェイ・タワー/カントリー・パーク
Broadway Tower, Country Park


13州を一挙に眺めることができるという塔
ウィリアム・モリスの世界に触れられる空間も


ブロードウェイの中心地から車で約10分の場所にあるこのタワーは、1798年に建築家ジェームズ・ワイアットによって建てられた。海抜312mと非常に高く、13州を見渡すことができるという立派な建物。もともと、ランドスケープ・デザイナーであるランスロット・ブラウンの構想が引き継がれたそう。ウィリアム・モリスもここで休日をすごしたと言われています。ブロードウェイの村からはフットパスでつながっているので、体力があれば、片道だけでも挑戦してみると、周辺の自然美を十分堪能することができます。塔を囲むパークでは、鹿が悠々と解放されていて、のどかなムード。塔内には、モリスのスタイリッシュなデコレーションを施したモリス&ブラウン・カフェがあり、優雅に食事やインテリア雑貨のショッピングも楽しめます。(画像:Copy Right BROADWAY TOWER)

ブロードウェイタワー公式サイト

アクセスマップ
ブロードウェイ中心地より徒歩28分、Wells Garden停留所からMorton-in-Marsh行のバスで2ストップ3分、Broadway tower Country Park停留所で下車、徒歩17分
オープン:10am-5pm
入場料:大人£5~


【ブロードウェイへの行き方】

(タクシーの目安) 
チッピングカムデンから約10分(£12前後)
モートン・イン・マーシュから約25分(£35前後)
ストウ・オン・ザ・ウォルドから約15分(£25前後)

(チッピングカムデンのタクシー)
観光案内所で呼び出し可
http://www.chippingcampdentaxis.co.uk/

【観光案内所】
1 Cotswold Court, High Street
Broadway Deliの裏手, High Street


ストウ・オン・ザ・ウォルド Stow-on-the-Wold


アンティーク・ショップや雑貨を見て回るのが楽しい!
イングランド内戦の歴史が刻み込まれた街


広場を中心に閑静で美しい町並みが広がるストウ・オン・ザ・ウォルドは、イングランド内戦で多くの戦争犠牲者を出し、激しくバトルが繰り広げられた地。その内戦は広場で終結を迎え、セント・エドワード教会には当時1000人もの拘束者達が収容されました。近年には教会の敷地内に追悼碑が建てられています。

ここでのもうひとつの楽しみは、アンティーク・ショップや雑貨店での掘り出し物を見つけること。ブロードウェイにいくつも立ち並ぶ高級アンティーク店と比較するとリーズナブルなアンティーク店や雑貨店もあり、気軽にショッピングを楽しむことができるのが特徴です。また、広場にも日用品を扱う青空マーケットが展開され、そのほとんどは私達観光客にとって魅力的なものではないけれど、街歩きを盛り上げてくれる良い雰囲気を放っています。

スコッツ・オブ・ストウ SCOTTS OF STOW


カントリー調のティーポットやウィリアム・モリスのコージィーなど
お土産にも喜ばれる英国製の商品を取り扱う人気ホームウェア・ショップ


カントリー調のティー・ポットやウィリアム・モリスのプリントが施されたファブリックで作られたティー・コージィーなどティー用品、キッチン用品に至っては、ミニサイズのチーズ・グレーターやイギリスらしい柄のペーパー・ナプキンなど、リーズナブルな商品が揃い、あれもこれもと手に取ってしまうほど。

Scotts of Stow
住所: The Square
Stow-on-the-Wold
Gloucestershire GL54 1AB
アクセスマップ
オフィシャルサイト
電話: 44(0)871 855 2212
営業時間: 毎日月-土曜日 9:30am-5:30pm 日曜日 10:30am-4:30pm
休業日: 12/25-26および1/1は休業
イギリス国内は、オンラインショッピングの配送あり
(行き方)観光案内所を出て左手に進んだすぐ右手

【ストウ・オン・ザ・ウォルドへの行き方】

(タクシーの目安) 
モートン・イン・マーシュ駅から約10分(£11前後)
ブロードウェイから約15分(£25前後)

(ストウ・オン・ザ・ウォルドのタクシー)
◆メータータクシー STOW ON THE WOLD TAXI SERVICE
http://www.stow-on-the-wold-taxi-service.co.uk
07887-714047(TONY KNIGHT)

(モートン・イン・マーシュのタクシー)
◆タクシーサービス Marnic
01608-651-561

(ブロードウェイのタクシー)
◆S Varah 01386-852345
◆Don Wright 01386-858599

(バス)
801番(メイン)、812番、855番、V22 モートン・イン・マーシュ周辺から。バスは1時間~2時間間隔で1本。
コッツウォルズバス時刻表

【観光案内所】
Hill House, The Square,
目印は、広場





ロイヤリスト・ホテル The Royalist Hotel (The PORCH HOUSE)


清教徒革命で王党派の本部として使われた歴史を刻む
ギネスに掲載されたイギリス最古のホテル

イギリス最古の宿舎INNとしてギネスブックに紹介されている、947年創業のホテル。床を歩けば軋む音、歳月を重ねてきた木の柱の変形は味わいがあり、所々にあるアーチは背の高い現代人の頭を打つほど低く愛らしいシェイプを描いています。清教徒革命の時代には、イングランドの内戦で王党派(Royalists)の本部として重要な拠点に。内戦では、ホテル目の前の道に多くの戦死者が横たわり、その血の川でカモ達が泳いでいるように見えたことから、ホテルの通りは「ダック・バース・ストリート(またはディグベスストリート)」と呼ばれています。

ホテルには14部屋あり、予算に合わせて7つのタイプから部屋を選ぶことができます。最もリーズナブルな部屋は「ツインルームB&B(£100)」で1人約1万円※。シーズン外であれば£85(税込み 朝食付き)で宿泊可能で、夕食を館内のパブで取れば2食込みで1人1万円程度で滞在できることに。その他には「スタンダード(£140)」「スーペリア(£150)」などがあり、どの部屋も基本的に2人滞在で税込みの朝食付き。£55をプラスすれば、人気レストラン「947AD」で2人分の3コースディナーをつけることができます。ホテルの部屋によっては、シャワー・ルームのみですが、お湯も十分に得られ、水圧も問題なし。パソコンを持ち込んで無線LAN(wifiに対応するモデムは持参する必要あり)を利用したい場合は、フロントで申し出ればIDとパスワードを教えてくれるので、無料でつなぎ放題アクセス可。古いホテルという心配を拭い去ってくれる快適なステイを約束してくれます。ホテル全体のホスピタリティーは、まずまず満足。お客を神様のように丁重に扱う5つ星ホテルとは違うけれど、オンデマンドでひとつひとつの仕事を丁寧に行うという誠実な姿勢には納得。のんびりとしたサービスもかえって気軽な気持ちにさせてくれます。

※£1=¥200の場合

朝食 Breakfast 「レストラン 947AD」

ヨーロッパのB&Bというと、質素なブッフェ方式が多いけれど、このホテルでは数日の滞在でも飽きさせない数種類の「温かい注文メニュー」と「ブッフェ」の両方が追加料金なし。温かいメニューは3種のイングリッシュ・ブレークファーストと4種の付け合せが異なるパンケーキのセットメニュー。「定番イングリッシュ・ブレークファースト」は、好きな卵料理を選べ、ブラックプディング、コッツウォルズ・ソーセージ、ベーコン、ブラウン・マッシュルームソテー、焼きトマトの付け合わせで飾られたもの。ブラックプディングのしっとりとした食感は印象的。「スコッチ・サーモンとスクランブルエッグ」は敷き詰められたサーモンの上に、細かなサーモンを散りばめたふわふわスクランブルエッグが乗せられた一品。豪華でヘビーな朝食ではないけれど、美味しいものを少しずつ楽しめるのが嬉しい。




ホテル内パブ「イーグル&チャイルド」 Eagle & Child


ホテル内にあるこのパブは、中世から親しまれ、「闘鶏」や「熊いじめ(鎖につないだ熊を犬に吠えさせる)」など、血なまぐさいギャンブルや娯楽が行われてきた歴史があるそう。店内は、古い石壁に低い天井で、中世の粗野な雰囲気を残しています。
ディナータイムは、宿泊客で賑わい、着席してレストラン形式に。料理は、肉野菜ともに地元産の素材を使ったひとひねりあるパブ飯。例えば、前菜「クレイフィッシュの赤ピーマンとルッコラのサラダにカレー風味のマンゴーサルサソース(£6.95)」は、ザリガニであるクレイフィッシュのクセのない甘みが、マンゴーのピリカラソースで引き立てられたお洒落な一品。メインには地元らしい名前の「グロースターソーセージとオニオンマッシュ添え 赤ワインソース(£10.95)」。ジューシーなソーセージに風味の良い濃厚なマッシュオニオンと赤ワインソースが絡み、肉の濃厚さが際立ちます。女性二人の場合、前菜、メインに合わせてサイドに季節の野菜を各1品ずつ注文し、シェアして少し多いくらいのボリューム。(予算 1人£13 食事のみ)
混雑時には、なかなか料理が運ばれてこず、長時間待たされることも。早めの来店と予約がおすすめ。



イギリス最古のホテル ロイヤリスト・ホテル
The Royalist Hotel(THE POCHE HOUSE) ロイヤリスト・ホテルのご予約はこちらから

ロイヤリスト・ホテル The Royalist Hotel
住所: Digbeth Street, Stow-on-the-Wold, Gloucester Shire, GL54 1BN
電話:01451-870048
最寄り駅: Moreton-in-Marsh Station

【ロイヤリスト・ホテルへの行き方】
(タクシー) モートン・イン・マーシュ駅から約10分(£11前後)
駅には、タクシー乗り場あり
(ストウ・オン・ザ・ウォルド観光案内所から)
案内所を出て左手に約150m進んだ左手


コッツウォルズお役立ちリンク 


地図やお勧め観光スポットなどを余すところなく紹介している公式サイト
コッツウォルズ観光局公式サイト(日本語)

イギリス全土をフリーパスの切符で巡る「ブリットレイル」

ロンドンから行く旅行トップへ




ご注意事項 

当ページで紹介の旅程は、取材時点の情報を紹介しております。最新情報は、各交通機関および宿泊施設へ直接お問合せください。

shop info店舗情報

FUN!LONDON.net

〒107-0062
港区南青山2-11-13南青山ビル4F
.
Advertisement Information.